愛媛県 松山市 保健・医療・福祉、社会教育の推進、まちづくりの推進文化・芸術・スポーツ、環境の保全、災害救援、国際協力、子どもの健全育成、NPO支援

メールでのお問合せはこちらから

TOPIC

第5回ふる里盆おどり大会報告№2 「第1部本番開始」

2011/08/27 14:14  カテゴリ:最新情報

     17時45分、雅楽の音色と共に入場したのは、3人の宮司と、6人の巫女。日頃は、施設のセンター長や保育園の園長、施設の事務長として活躍しているリーダーたちですが、この日ばかりは、ご利益のありそうな宮司に早代わりし、3人の宮司たちは、それぞれ二人の巫女を従えて、各テントの観客のところを回り、イベントの安全と参加者の無事を祈って厳かにイベント安全祈願を執り行いました。

18時00分、いよいよ第1部の始まりです。オープニングを飾ったのは、地元、さかえ地区のメンバーで編成している『さかえバンド』の皆さんです。アトムバンドのドラム担当の菊池さんの友情出演を得て、迫力のある               

『明日があるさ』で開幕しました。

司会から、「1部の開会挨拶は、盆踊り大会長・とべっちです。」との紹介がありました。誰も聞いたことのないとべっちの声、どうやってとべっちが挨拶をするのか、一瞬『あれっ?』と、不思議に思われた方もいらっしゃった事と思いますが、翔べ砥部音頭のBGMと共に、とべっちと一緒にステージに上がってきたのは、主催者であるNPO法人アクティブボランティア21の理事長でした。

理事長から、今、町で一番人気の、みかん焼けしたまあるい顔に、つぶらな瞳のとべっちが紹介され、皆さんに拍手で迎えられて喜んでいたところ、理事長からとべっちに、するどい質問が…

「ところで、とべっち、噂に聞いたんだけど、恋をしてるって! どんな人? 」

恥ずかしそうに、顔を赤らめながら、とべっちは…

「まめで、素直で、働きもので、器量よし」と。

すかさず、理事長は、「 それって、とべ焼き美人ですよね。」と念押し。

ところが、少し、顔を背けながら、とべっちは、とべっちの熱い思いが届かないことを告白。

「もしかしたら、片想いなの?」と、とべっちの胸の内を察してもらって、あこがれの人と対面することに…

現れたのは、とべ焼き美人に挑戦してくださったイメージガールの原田智波瑠さん。

色っぽくて、美しい、こんな素敵な人をとべっちが独り占めするのは、やはり無理だった…と、誰もが納得。

原田智波瑠さんから、皆さんに応援メッセージをいただき、とべっちも、うれしそう。

三人で協力して、今年の盆踊りの『とべっち 片恋しぐれ』というテーマの雰囲気をお伝えすることができました。

櫓まわりでは、『愛媛マンダリンパイレーツ』の選手5名とキャラクターのマッピーによるPRも行われ、子どもたちは、大喜びをしていました。

中国のドラの音とともに、元気に入場したのは、松山認定こども園 星岡(松山幼稚園・星岡保育園)、松山認定こども園 和泉(和泉保育園)、松山市立浮穴保育園の4園の子どもたち、107名です。

アトムグループが経営している幼稚園や保育園、運営業務委託で運営している松山市立の保育園の園児たちです。

5月の野点祭りで、中国体操を披露した年長児の格好よさにあこがれて、出演したいと練習に励んできた年長児の子ども達。太極拳や気功などを取り入れたオリジナルな創作体操だけに、子どもたちには、かなり難易度の高い体操でした。

指導者の先生たちも一苦労。「フラミンゴのポーズ」とか、「かにさんのポーズ」とか、「虫が止まっていやだいやだのポーズ」など、子どもたちのイメージしやすい言葉に置き換えて、指導した成果もあり、子どもたちもすっかり音楽と動きを自分のものにして、「中国体操大好き!」というまでになりました。

中国体操の後は、地元の小学校・幼稚園・保育園の子どもたちなど、大勢の子どもたちが、「マル、マル、モリ、モリ」の曲に合わせて入場し、中国体操を踊った子ども達と一緒に、『きのこびっくり音頭』『アンパンマン音頭』を踊りました。

その後は、子ども達が待ちに待った、お菓子撒きです。ご当地アイドルの『ひめキュンフルーツ缶』が、櫓の周りで、にぎやかに、お菓子撒きをしてくれました。

いよいよ1部の盆踊りが開始、連のプラカードを持ったスタッフを先頭に、『東京ラブソティ』の音楽にのって、踊りに参加する22連305名が入場しました。

翔べ砥部音頭・砥部小唄・EMとことん音頭・まりと殿様・松山コミュニティー音頭・アンパンマン音頭・炭坑節の7曲を元気に踊っていただきました。

櫓の周りでは、伊予民踊研究会や西幸会の皆さんがベテランの味を出して踊りを披露。また、一番外側の円には、飛び入り連の方も鮮やかな踊りで楽しんでおられました。

19時30分に1部が終了し、介護施設に入居しておられる方やディの利用者の皆さんは帰られましたが、今度は、地域の皆さんたちが、2部の催しを見ようと続々と会場に足を運んでくださいました。

また、1部と2部の間に30分の休憩時間を設けたことにより、ふる里屋台村に大勢の人が詰めかけ、ほとんどの店の食べ物が完売してしまうといううれしい結果となりました。

 

 ところが、この休憩時間に、台風9号の影響を受けてか、小雨が降ってきました。

 一方、19時40分からは、和太鼓『鼓太郎』の迫力ある演奏がメインステージで繰り広げられておりました。

前の記事: 記事一覧 次の記事: